真夏の中に、秋の始まりを見つける

日中の暑さを避け、朝早くか夕方に散歩にでています。
夕方になれば、風がるためなのか部屋の中より涼しく感じ、ヒグラシの声も聞こえ、なぜかホッとできる一時です。

そんな中、雑木林の下の道を歩いているとなにやら小さな栗が落ちていました。
えっと思って目を上にあげると、栗の木の枝が伸びており、まだ青く小さいながらも栗の実が実っていました。
時折歩いていた散歩道でしたが、ここに栗の木があることを初めて知りました。
暦の上では7日には立秋ですが、住宅が立ち並ぶようになって山栗の姿を久しく見ていなかったような気がします。

栗の実が大きくなり、茶色の実が姿を魅せるのはもう少し先になるのでしょうが、ちょっとばかり早い秋を感じるものに出会うことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>